。・:*:・゜★,。・:*:・゜☆。・:*:・゜★,。・:*:・゜☆。・:*:・゜★

豚丼ソング〜帯広編〜

作詞・作曲:ユウコ(チャンベビ、ボーカルの女の子です)

部活終わりの帰り道 憧れの先輩と一緒に

いつもの店を通るたび 「豚丼食べたいね」と微笑む

「行きましょう」と言いたいけれど、 財布の中身は空っぽで

いつか必ず誓いを立てる でも先輩もうすぐ卒業だべさ〜(><)!

やっと一杯の豚丼を 食べましょうと誘いに行ったら

先輩が店に入るのを見たのです(>0<;)

偶然通りかかった友達と店に入り

う〜っかり おごってもらってしまったのです

ラララ・・・・・・・

今日は料理好きのおばあちゃんに 特製豚丼頼んでいたら

急に仕事先に呼び出されて 結局会いに行くことも出来ずに

それからずっと行けずじまいで 気付いた頃には数ヶ月が過ぎ

やっと行けると思った矢先に 悲しい知らせが飛び込んだ

ずっと豚丼を作ってくれると言ってた おばあちゃんの

冷蔵庫にはタレとレシピがあったのです

たった一杯の豚丼は おばあちゃんの優しい味で

最後は涙味になったのです

ラララ・・・・・・・

豚丼ありがとう!

。・:*:・゜★,。・:*:・゜☆。・:*:・゜★,。・:*:・゜☆。・:*:・゜★